• お知らせ一覧
  • これでバッチリ! 一人親方労災保険料の確定申告

お知らせnews

これでバッチリ! 一人親方労災保険料の確定申告

平成30年に一人親方労災保険にご加入されたみなさまの確定申告についてお知らせします。

 

概要説明 

・個人事業主 本人分(詳細説明①)
【入会金・会費】損益計算書または収支内訳書で「諸会費」(消費税等非課税)経費として計上する。
【労災保険料】確定申告時に「社会保険料控除」として所得税から差し引く。

 

・個人事業主 本人+家族(詳細説明②)
【入会金・会費】損益計算書または収支内訳書で「諸会費」(消費税等非課税)経費として計上する。
【労災保険料】本人は「社会保険料控除」として所得から差し引き、家族の分は「法定福利費」で経費として計上する。

 

・個人事業主 同居の家族分(詳細説明③)
【入会金・会費】損益計算書または収支内訳書で「諸会費」(消費税等非課税)経費として計上する。
【労災保険料】家族の分は「法定福利費」で経費として計上する。

 

・株式会社(法人)(詳細説明④)
【入会金・会費】損益計算書または収支内訳書で「諸会費」(消費税等非課税)経費として計上する。
【労災保険料】「法定福利費」で経費として計上する。

 

一人親方労災保険へのご加入時に発行された領収証をご用意ください。
領収証の項目は、加入している一人親方団体によって「入会金」「会費」「組合費」「事務委託手数料」「保険料」など名称はいろいろです。
一人親方労災保険組合検索サイトでは、その中の一例をご紹介しますので、くわしくはご加入中の一人親方組合へお問い合わせください。


詳細説明

① 個人事業主の一人親方ご本人がご自身の確定申告をする場合
・一般的に入会金、会費は消費税等非課税です。
・入会金、会費は、損益計算書(青色申告)または収支内訳書(白色申告)の勘定科目「諸会費」で経費として計上してください。
・労災保険料は、確定申告書Aの「所得から差し引かれる金額」のうち社会保険料控除⑥欄の国民年金等の額に加算して計上してください。

※ 様式、記入方法等につきましては、確定申告書Aおよび確定申告の手引きをご確認ください。

 

② 個人事業主の一人親方ご本人とご家族(同居の親族)分を確定申告する場合
・一般的に入会金、会費は消費税等非課税です。
・入会金、会費は、損益計算書(青色申告)または収支内訳書(白色申告)の勘定科目「諸会費」で経費として計上してください。 
・労災保険料は、以下を参考にしてください。

1.ご本人分は確定申告書Aの「所得から差し引かれる金額」のうち社会保険料控除⑥欄の国民年金等の額に加算して計上してください
※ 様式、記入方法等につきましては、確定申告書Aおよび確定申告の手引きをご確認ください。

2.ご家族分は、損益計算書(青色申告)または収支内訳書(白色申告)の勘定科目「法定福利費」または「福利厚生費」で経費として計上してください。

 

③ 個人事業主のご本人は一人親方労災保険に特別加入しない。ご家族(同居の親族)が一人親方労災保険に特別加入している場合
・一般的に入会金、会費は消費税等非課税です。
・入会金、会費は、損益計算書(青色申告)または収支内訳書(白色申告)の勘定科目「諸会費」で経費として計上してください。
・ご家族(同居の親族)分の労災保険料は、損益計算書(青色申告)または収支内訳書(白色申告)の勘定科目「法定福利費」または「福利厚生費」で経費として計上してください。

 

④株式会社(法人)で取締役等が労災保険に特別加入している場合
・一般的に入会金、会費は消費税等非課税です。
・入会金、会費は、損益計算書の勘定科目「諸会費」で経費として計上してください。
・労災保険料は、損益計算書の勘定科目「法定福利費」または「福利厚生費」で経費として計上してください。

※詳しくは、税務署または税理士にご確認のうえ適正な会計処理、確定申告を行ってください。

 

※上記の会計処理は、一般的なものであり会計処理した結果を一人親方労災保険組合検索サイトが保証するものではありません。

 

※この記事は「一人親方労災保険RJC」より承認のうえ提供されたものです。
 出典元:【平成30年 確定申告時の注意事項】